スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王子神社例大祭 槍祭 王子田楽奉納
Sun.11.08.2013 Posted in 東京都
2 comments 1 trackbacks
  平成25年8月4日(日)東京都北区王子に鎮座まします王子神社の例大祭 槍祭 で奉納される王子田楽を探訪した。

DSC_ojidengaku0001
DSC_ojidengaku0001 posted by (C)dankichi0423
(王子神社)

  王子神社は、創建年代は不詳だが、元亨2年(1322年)当地の領主豊島氏により、紀州熊野新宮の「若一王子宮」を改めて勧請・奉斎され、王子神社となったとされている。その後は「王子権現」と呼ばれ、江戸時代には、徳川将軍家の信仰も篤く、明治時代に東京となってからも多くの庶民の信仰を集めてきた。しかし昭和20年(1945年)の東京大空襲により社殿は焼失、戦後、社殿は再建され今日に至る。
  例大祭は、元来旧暦7月13日に斎行されてきたが、今日は8月第1週の日曜日に斎行されている。例大祭の槍祭と呼ばれる由来は、「御槍」という、槍の形をした古伝の御守が授けられることに因む。
  田楽とは「田楽躍」に分類され、大陸より散楽などと共に渡来し、平安期に入って、寺社において田楽師や田楽法師により盛んに行われ、その後猿楽や能楽に発展していき、田楽は衰徴して、民俗芸能として残るに至った。田楽は、稲作において、五穀豊穣を祈り、田植えの際に田楽衆により舞われた、農耕儀礼としての芸能なのである。
  さてこの王子田楽は、元亨2年(1322年)豊島氏により紀州熊野新宮の「若一王子宮」が勧請されたときに伝えられたとされるが、詳しいことははっきりしない。文献上では江戸時代に現れ、当時は王子権現別当寺金輪寺一山の人々により舞われていた「魔除け、魔帰しの田楽」である。
  その演者と演目は、まず演者は、楽人(笛、大太鼓、)、太鼓2人、筰4人、子魔帰(小鼓)2人。演目は、一番 中門口 二番 道行腰筰 三番 行違腰筰 四番 背摺腰筰 五番 中居腰筰 六番 三拍子腰筰 七番 黙礼腰筰 八番 捻三度 九番 中立腰筰 十番 搗筰腰筰 十一番 筰流 十二番 子魔帰 である。また田楽に先立ち、田楽行列 露払い 槍合わせ 七度半 の儀礼があり、また警護の露払いの武者、四魔帰の武者がいる。
  岩手県毛越寺延年の田楽、和歌山県那智田楽等と共に中世の芸態をを残していること、七度半や中門口という中世の儀礼形式を有していることから、王子田楽は大変貴重な芸能であるとされている。
  王子田楽は、中世、はっきりと遡っても江戸時代から連綿と受け継がれてきたが、太平洋戦争の激化により昭和18年(1943年)に中断し、昭和20年(1945年)の東京大空襲により道具衣装の一切を焼失し、長く中断を余儀なくされてきたが、地元有志により昭和58年(1983年)に復活して現在に至る。今年で30周年ということだ。

DSC_ojidengaku0003-2
DSC_ojidengaku0003-2 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 舞台)

  地下鉄王子駅から川沿いを歩くと、右手に鬱蒼とした樹叢が見えてくる。王子神社だ。鳥居をくぐると参道が続き、拝殿に至る。その拝殿との間に田楽の舞台が設営されている。戦前までは、境内に舞殿があったが、空襲により焼失したため、現在の形式を取られている。

DSC_ojidengaku0008
DSC_ojidengaku0008 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 修祓)

  「田楽行列」午後4時30分、定刻になり、宮司、禰宜、田楽衆の行列が旧金輪寺跡から出立し、神社鳥居をくぐり参道に入った。ここで、禰宜による修祓の儀が行われ、行列は中門口の行われる参道まで入ってきた。

DSC_ojidengaku0010
DSC_ojidengaku0010 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 露払い)

  「露払い」青竹を持った露払いの武者が舞台に上がり、「うぉー」と声を上げて青竹で舞台を祓い清めた。

DSC_ojidengaku0013
DSC_ojidengaku0013 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 槍合わせ)

  「槍合わせ」年番町会の総代が田楽舞奉納の無事を祈り、舞台で三度槍を合わせる。

DSC_ojidengaku0016
DSC_ojidengaku0016 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 七度半)

DSC_ojidengaku0026
DSC_ojidengaku0026 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 四魔帰の武者)

  「七度半」田楽お迎えの使者が傘持ちの子供達に「まだまだ」と追い返される。子供達の健気さと懸命さに、観衆は「あらあ、可愛いねえ」と歓声を上げた。七度半で「いいよ」となり、四魔帰の武者に警護された楽人は舞台に、田楽衆が中門口に入る。

DSC_ojidengaku0033
DSC_ojidengaku0033 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽 中門口)

DSC_ojidengaku0039
DSC_ojidengaku0039 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽)

DSC_ojidengaku0044
DSC_ojidengaku0044 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽)

DSC_ojidengaku0049
DSC_ojidengaku0049 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽)

DSC_ojidengaku0057
DSC_ojidengaku0057 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽)

DSC_ojidengaku0064
DSC_ojidengaku0064 posted by (C)dankichi0423
(王子田楽)

  田楽は十二番あるが、慣例により六番舞われる。この日は、一番 中門口 (ここで舞台に上がる) 二番 道行腰筰 五番 中居腰筰 六番 三拍子腰筰 十一番 筰流 十二番 子魔帰 の六番が舞われた。田楽衆は皆小学生である。花笠の中に幼げな顔立ちが見えたが、しかし、整然と、しっかりと反閇を踏み、美しい田楽舞を舞っていた。境内は古の中世の趣に立ち返り、観客は酔いしれていた。六番の舞が終わると田楽衆には惜しみない拍手が送られていた。

DSC_ojidengaku0069
DSC_ojidengaku0069 posted by (C)dankichi0423
(福まき 槍の護符とお餅)

  昔は、舞が終わると、観客が争って、田楽衆の花笠を奪い合い、別名「けんか祭り」と言われたという。(岐阜県長滝の延年、宮城県小迫の延年、山形県吹浦の延年など各地の田楽舞にもは「花奪い」という風習が残っている。)現在は福まきといい、槍の護符や餅や景品などがまかれて、舞台周りは喧噪の渦となる。私も槍の護符とお餅という福を授かった。
  東京という大都市の中で、しかも中断していた田楽を復興させた皆様のご努力は並大抵のものではなかったと思う。中世の貴重な田楽を末永く後世に伝承して頂きたいと願い、境内を後にした。



※参考文献 「田楽展 王子田楽の世界」 北区飛鳥山博物館
         「王子田楽舞 式次第」 王子神社

※この度の撮影、掲載に当たり、王子神社様、王子田楽衆高木基雄様には格別のご配慮を賜りました。この場を借りまして、篤く御礼申し上げます。
スポンサーサイト
岩手県花巻市 春日流鹿踊 東京上野を雄々しく躍る!
Wed.07.08.2013 Posted in 東京都
0 comments 0 trackbacks
  平成25年8月3日(土)朝、東京JR上野駅で東北地方へ向かう団体旅行客を「おもてなし」するという企画で、岩手県花巻市の春日流鹿踊が舞われた。

DSC_kasugaueno0026
DSC_kasugaueno0026 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

DSC_kasugaueno0033
DSC_kasugaueno0033 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

DSC_kasugaueno0032
DSC_kasugaueno0032 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

  春日流鹿踊は、皆様も見たことがあるであろう、鹿が温泉に浸かって癒されている岩手県の観光ポスターでお馴染みの団体である。
  鹿踊は、主に旧仙台藩領(宮城県北から岩手県南)に分布する。岩手県花巻市では岩手県花巻市春日流鹿踊保存協議会として落合、上ノ山、湯本、八幡、鍋倉、八日市の6団体が活動している。昭和49年(1974年)には県の無形民俗文化財に指定されている。
  太鼓を自ら打ちながら踊る太鼓踊り系の鹿踊は、踊り手8人で構成され、鹿の群八頭には首領がいて、中立(なかだち)と呼ばれ中央に立つ。中立が先導する太鼓に合わせて踊が変化する。衣装にはササラ、お面、幕、ナギス、太鼓、袴の20キロを身につけ、太鼓を打ち鳴らし歌う、一人三役の勇壮な踊りである。
  演目には、一番庭踊り、二番庭踊り、案山子踊り、お鞍踊り、屋形踊り、綱踊り、露喰み踊り、鉄砲踊り、お馬屋踊りがあり、一つの演目時間が約40分である。
  今回は、五頭立てで、一番庭をおよそ10分間舞われた。
  舞は静と躍動感があり、大変素晴らしかった。お客様から沢山の拍手があり、次々と記念撮影をされて堪能されているようだった。



※今回の撮影、掲載に当たり、社団法人花巻観光協会の高橋修様に大変お世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。
東京花祭り
Fri.16.12.2011 Posted in 東京都
0 comments 0 trackbacks
 DSC_misono0082
DSC_misono0082 posted by (C)dankichi0423
(御園の花 「榊鬼」 御園の榊様が東京にやってくる!)

御園の花 平成23年11月12日~13日の様子

 平成23年12月11日(土)東京都東久留米市滝山で行われた東京花祭りを探訪した。
 東京花祭りは、愛知県奥三河で伝承されている、御園の花から受け継がれており、今年で19年目になるという。東京に住む少年が親に連れられ御園の花を見、自分も楽しそうに舞っていた所、御園の方に気に入られ、舞を習い始めたのがきっかけだという。当時御園は高齢化が進み子供がおらず、花の舞を舞うことが困難で、花自体の存続も危うい状況だった。そんな中、御園の人々の「東京の人達にも御園の花を伝承することができる。本気でやってくれるのならば、喜んで教えてゆきたい。」という思いにより、御園の人々が東京の子供たちに舞を教え、19年前に東京花祭りが始まり、それ以降御園の花と東京花祭りの交流は続いているのである。そして現在、御園の花で東京花祭りの青年や子供たちが舞を舞うようになったのだ。民俗芸能伝承の素晴らしい事例である。
 団地の一角にある広場に舞庭(まいど)とよばれる空間を設営し、天井中央にはびゃっけ、湯蓋、十二支の添え花、また四方にはざぜちが装飾される。舞庭の中央には五徳式の竃が据えられている。 
 都会の真ん中であるが、昔からそのままあったかのような舞庭である。
 演目は以下の通りである。

 ○神事 湯立て
 ○舞  1.ばちの舞 2.地固めの舞 3.市の舞 4.山見鬼 
       5.火のねぎ・おきな 6.すりこぎ・しゃもじ 7.みこ・おさんど
       8.三つ舞 9.花の舞 10.榊鬼 11.湯ばやし 
      (順の舞が随時入る)

 朝、バスで会場に向かっていたら、子供の鬼の行列がいた。毎年お世話になっている商店街を回っているそうだ。奥三河の花で、榊鬼が家々を回る事例があり、それとは違うけれども、何か暖かさを感じさせる。
 鬼の行列が帰ってきたら、湯立て神事、ばちの舞が始まる。御園の花大夫さんのばちの舞は、素晴らしくていつも見惚れてしまう。
 地固めの舞、市の舞と舞は続く、お昼時ともなり、人が増え、買い物途中の方々も足をとめ、興味を持って舞を眺めている。19年の間でおまつりと地域に絆が深まり、地元でもすっかり認知されている。運営者や御園の方々のお力の賜物である。本当に素晴らしい。
 昼日中とはいえ冷える。そんな時、受付でお見舞いを包むと、花の舞鍋や甘酒、日本酒の振る舞いが頂けるのだが、体が温まり大変ありがたい。舞は続く、こちらも「テーホトヘトホヘ!」と力一杯囃す。
 いよいよ山見鬼がいらした!舞庭は山見鬼様の出現で、初めてみる人から花好きまで、多くの観客でごった返し「テーホトヘトホヘ!」と囃すのだ。
 突然会場がざわついた!そう、すりこぎ・しゃもじが登場したのだ。奴等は辺り構わず味噌や飯を塗りたくる。豊穣や子孫繁栄を意味するのだが、それを知らない観客は驚いて逃げ惑い、奴等は追いかけてくるのだ。混沌とした楽しい時間である。
 花の舞は、御園や東京で舞習いをしてきた東京の子供達が一生懸命に舞う。しかし、近年御園でも久しぶりに双子の子供が産まれて、花の舞のデビューを果たしたのだ。その子供達も今やもう小学生、東京の子供達に混じって、堂々と上手に舞っている。花の舞の字の如く、子供の舞は花の様に本当に美しい。
 夕闇が迫る頃、榊鬼がいらして、舞庭は再び盛り上がる。威風堂々、東京の街でへんべを踏み、大地の悪霊を鎮め、土地の生命力を復活させてくださる。
 夜になっていよいよ最後の舞、湯ばやしである。観客は「トーホヘトーホ、トーホヘトーホ、トヘテホトーヘ!テホトーヘトーヘ!」とあらん限りの力で囃す。舞い手もそれに応え、精一杯の力で舞い上げる。御園の青年に混じって、むかし御園と東京の架け橋となったあの少年が、青年に成長し、共に舞い上げている。
それ!まだか?もうすぐ?それきたー!竈から湯がほとばしる!舞庭では舞い手、観客のエネルギーが頂点に達し、歓喜の坩堝である!
 おまつりの後で・・・ 東京花祭りは、19年の時の中で、御園と東京、そしておまつりと地域の間に絆が深まった、地に根ざし生きたおまつりである。これは運営者や御園の方々のお力の賜物であろう。本当にありがっさま!
(※ありがっさまは三河弁でありがとうの意)

※この度の掲載に当たり、御園花祭保存会尾林克時様のご了解を得て掲載いたしました。この場を借りて御礼申し上げます。

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。