スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三月田不動尊奉納 村崎野大乗神楽 宿大乗神楽
Sat.29.10.2011 Posted in 岩手県
0 comments 0 trackbacks
 平成23年10月16日(日)岩手県北上市江釣子(えづりこ)の三月田(さがた)不動尊祭礼 大乗神楽奉納の探訪に行った。

DSC_8335
DSC_8335 posted by (C)dankichi0423 
(三月田不動尊 和賀川河畔の小さな祠)

 三月田不動尊は、和賀川河畔に祀られた小さな祠である。不動尊北側にはかつて大乗会が催され、大乗神楽を主宰していた江釣子自性院(現江釣子神社)がある。その江釣子神社社掌であった高橋宮助・嘉蔵親子が明治期から昭和期にかけて大乗神楽を主宰し、和賀郡内で継承を行った。そしてその弟子筋である村崎野大乗神楽・宿大乗神楽・上宿和賀神楽の三団体が、宮助・嘉蔵を顕彰するために毎年秋に不動尊で祭儀を行い、大乗神楽を奉納しているのである。なお、23年度は、上宿は地元の祭礼があるため参加できず、村崎野・宿の二団体で行われた。
 午前中、三月田不動尊に嘉蔵の子孫の方、村崎野・宿両団体、関係者が集まり、祭儀が始められた。祭儀の後は、村崎野大乗神楽により権現舞が奉納された。

DSC_9481
DSC_9481 posted by (C)dankichi0423 
(村崎野大乗神楽 「権現舞」)

 その後、神楽奉納の会場である公民館に移り、皆で昼食を食べた。私も、ご厚意によりご相伴に預かったが、お赤飯に地元ならではの煮物など、大変美味しくいただいた。

DSC_9735
DSC_9735 posted by (C)dankichi0423
(村崎野大乗神楽 「榊」)

 そして午後からいよいよ神楽奉納である。神楽が始まる頃には、地元江釣子の老若男女が集まって、神楽奉納を楽しんでいた。「榊」など厳粛な演目には固唾をのんで見守り、「帝童」は女舞の美しさに見惚れ、続く「おっかけ」や「真似三番叟」の道化には、掛け合いを入れながら、笑い楽しんでいる。大乗神楽は、やや堅苦しいイメージがあったのだが、村祭りの奉納と変わらない素朴なものであった。



※ 権現舞奉納 村崎野大乗神楽 1.地割(じわり) 村崎野大乗神楽 
2.七五三切(しめきり) 宿大乗神楽 3.帝童おっかけ 村崎野大乗神楽 
4.真似三番叟 宿大乗神楽 5.荒神 村崎野大乗神楽
6.榊 村崎野大乗神楽 7.権現舞 宿大乗神楽

※この度の写真掲載にあたり、阿部武司氏を通じて了解を得ました。また祭礼においては、三月田不動尊関係者はじめ村崎野大乗神楽保存会、宿大乗神楽保存会、阿部武司氏より多くのご厚意を頂戴いたしました。この場を借りて御礼申し上げます。
スポンサーサイト

« トーホヘテホヘ トーホヘテホヘ テーホトヘトホヘ | ホーム | 雄勝法印神楽 鎌倉宮奉納 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。