スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大室南部神楽 復興支援金ご協力のお願い
Tue.29.05.2012 Posted in 雑感
0 comments 0 trackbacks
 宮城県石巻市北上町十三浜大室には、大室南部神楽が伝承されております。南部神楽は、明治期の廃仏毀釈で衰退した法印神楽を、地元の住民が習得し、式舞と言われるものに加えて、さらに地域の伝説などを演目としたものを増やし、現在に至ります。「セリフ神楽」と言われ、神題本(かんでほん)という台詞を舞い手が語る事が特徴的です。岩手県内陸南部から宮城県内陸北部に加え、旧本吉郡の十三浜にも伝承されております。
 大室南部神楽は、大正期に岩手県下大籠村(現一関市)より伝承を受けたとされており、演目は十数演目にわたります。
 さて、大室南部神楽は、昨年の東日本大震災により、大室地区と共に甚大な被害を受けられました。神楽面、衣装、道具、神題本・・・すべてを失いました。
 その中で、かつて小学生時代に舞っていた若い世代が中心となり、「大室の復興のために神楽を復興させよう」という強い想いから、面、神題本の調達、衣装生地の調達と、地元のお母様たちによる縫製・・・と、復興を始めました。
 しかし、ゼロからの出発、復興に当たっては、皆様からの支援が必要でございます。
 そしてこの度、保存会において復興支援金の開設が行われました。
 未曾有の大震災、地域の復興には地域の拠り所である神楽の復興が欠かせません。また、地域の繋がりをつなぐためにも、神楽の復興は欠かせません。
 大室南部神楽保存会では、皆様のお力を必要とされております。皆様のご支援、何卒宜しくお願い致します。

 大室南部神楽保存会 ホームページ

 大室南部神楽保存会 復興支援金協力のお願い
スポンサーサイト

« 大償神楽 春の舞 | ホーム | 石鳩岡の賦 春 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。