スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第12回 煤孫 和賀大乗神楽 慶昌寺公演
Sat.23.07.2011 Posted in 岩手県
1 comments 0 trackbacks
 平成22年3月14日、岩手県北上市和賀町煤孫の慶昌寺で行われた和賀大乗神楽の公演を探訪した。
 大乗神楽の詳細は、下記をで参照されたい。

 第17回大乗神楽大会(岩手県北上市)
 
 和賀大乗神楽は、口伝によると正和四年(1315)に円光法師により創始され「貴徳院法印神楽」と呼ばれた。久しく中絶していたが、慶応年間から明治年間にかけて、南笹間(花巻市南笹間)の萬法院に師事し再興されて現在に至る。

 DSC_1461
DSC_1461 posted by (C)dankichi0423
(和賀大乗神楽 龍殿(りゅうでん) )

 今回の公演は、小学生から高校生までの若手後継者を中心に舞が奉納されたが、上記写真のように、手次や踏み足がきちんと上手に舞われていたことが印象的であった。将来の和賀大乗神楽を担う後継者育成に期待したい。

DSC_1620
DSC_1620 posted by (C)dankichi0423
(和賀大乗神楽 帝童(ていどう) )

 また、和賀大乗神楽の魅力の一つが「帝童」である。和賀大乗神楽の「帝童」は、多くの民俗芸能研究者達を魅了し、影響を与えてきた演目である。この時は「帝童」を楽しみに見に行ったのであるが、女性の気品に満ちており、その美しさに魅了されて思わず「惚れて」しまった。


(平成22年3月14日(日)13:30~16:00 北上市和賀町煤孫 慶昌寺本堂)

 当日奉納された演目は、下記のとおりである。

 1.神おろし 2.大乗の下 3.権現舞 4.庭静(にわしずめ) 5.三番叟 6.魔王(山の神)
 7.龍殿(りゅうでん) 8.正足(しょうそく) 9.地讃(じぼみ) 10.帝童 11.伏獅子

〇参考文献
 「第12回 煤孫 和賀大乗神楽 慶昌寺公演プログラム」

※この度の写真掲載に当たり、北上市大乗神楽連絡協議会の許可を頂き掲載いたしました。また阿部武司氏から様々なご援助を頂きました。この場を借りて感謝いたします。
スポンサーサイト

« 由良比女神社例大祭 隠岐島前神楽 | ホーム | 第17回大乗神楽大会(岩手県北上市) »

comments

世の中魅力的な神楽、お祭りが何と多い事でしょうか。ブログ拝見していると見たくなってきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。