スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥三河の賦 春から初夏へ
Wed.01.05.2013 Posted in 風土
0 comments 0 trackbacks
  今年の桜前線は、三月末から四月にかけて、全国を素早く北上した。一方で、寒い日が続き、農作業にも影響が見られている。

DSC_okumikawaharusyoka0053
DSC_okumikawaharusyoka0053 posted by (C)dankichi0423
(月 満開の八重桜)

  そんな中、春を探しに、愛知県北設楽郡東栄町を訪ねた。
  東栄町は、奥三河と呼ばれる地域で山々が幾重にも重なり、振草は山間の谷間に位置する。谷間に位置する当地では、山の斜面を背にして前に石垣が積まれるか、裏の斜面を掘り下げて平地を作り屋敷地とする例が多い。家々では、山間の谷間に少ない土地を切り開き、耕地では、米、麦など、また茶、楮などの作物を生産してきたのである。

DSC_okumikawaharusyoka0012
DSC_okumikawaharusyoka0012 posted by (C)dankichi0423
(中設楽 蓮華草)

DSC_okumikawaharusyoka0014
DSC_okumikawaharusyoka0014 posted by (C)dankichi0423
(中設楽 白藤)

DSC_okumikawaharusyoka0018
DSC_okumikawaharusyoka0018 posted by (C)dankichi0423
(中設楽 八重桜)

DSC_okumikawaharusyoka0029
DSC_okumikawaharusyoka0029 posted by (C)dankichi0423
(中設楽 鯉幟)

  まず中設楽(なかしたら)という集落を訪ねた。中設楽は山間部の中の盆地になっており、そこに家々が字ごとに立ち並び、耕作が行われている。田圃には水が張られ、代掻きが行われていた。もう田植えの日が近いのだろう。また、端午の節句が近いこともあり、鯉幟が立てられていた。奥三河では、家紋と武者絵を染めぬいた幟旗を一本と、鯉幟を一本ないしは二本立てている所が多い。花々を見ると、染井吉野はもう散り、黄緑色の若葉が美しかった。しかし、八重桜が満開で、桃色の美しく嫋やかな花々が咲き誇っていた。また、藤、白藤が満開で、香しい香りをたたえていた。田圃の畔には、蒲公英、蓮華草・・・の野草が美しく鮮やかに彩っていた。

DSC_okumikawaharusyoka0032
DSC_okumikawaharusyoka0032 posted by (C)dankichi0423
(月 御殿川 藤の群生)

DSC_okumikawaharusyoka0034
DSC_okumikawaharusyoka0034 posted by (C)dankichi0423
(月 田植え)

DSC_okumikawaharusyoka0035
DSC_okumikawaharusyoka0035 posted by (C)dankichi0423
(月 田植え)

DSC_okumikawaharusyoka0040
DSC_okumikawaharusyoka0040 posted by (C)dankichi0423
(月 田植え)

DSC_okumikawaharusyoka0048
DSC_okumikawaharusyoka0048 posted by (C)dankichi0423
(旧月小学校 校舎の破風 月で兎が餅を搗く)

  次に月という集落を訪ねた。途中御殿川(ごてんがわ)には美しい藤の群落があった。そして集落にたどり着くと、あちこちの田圃で田植えが行われていた。田植は一人が大小機械で植えていたが、もう一人、すきで田をならしていた。田植えの終った田圃は、澄んだ水の中で凛と伸びていた。更に集落を歩くと、馬頭観音や石仏が祀られていた。奥三河では、こうした石塔石仏があちこちで祀られている。花は、八重桜が方々で満開であった。途中、廃校となった月小学校を訪ねた。こうして昔の学校が残っている所は少ない。地域で守られているのか、美しく守られていた。破風をみると、月の中で兎が餅をついていた。なんとも粋な意匠であった。

DSC_okumikawaharusyoka0067
DSC_okumikawaharusyoka0067 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 集落を望む)

DSC_okumikawaharusyoka0072
DSC_okumikawaharusyoka0072 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 褌姿の案山子が畑を見守る)

DSC_okumikawaharusyoka0064
DSC_okumikawaharusyoka0064 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 山吹の群生)

DSC_okumikawaharusyoka0080
DSC_okumikawaharusyoka0080 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 芝桜 紋白蝶)

DSC_okumikawaharusyoka0097
DSC_okumikawaharusyoka0097 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 明くる月と八重桜)

  続いて、下粟代の集落を訪ねた。ふと橋を渡って左手を見ると、畑には右手に包丁を持ったふんどし姿の男性の案山子が立っていた。作者もモデルも良く知る人である。笑いがこみあげてくる。雀共もきりきり舞いに逃げ出すだろう。振り返ると、自宅に黒い物体が干してあった。蜂の巣である。蜂の子にして食した跡である。川を再び渡ると、黄色い花々が新緑の木立の中に咲いていた。山吹である。山吹の花は、花弁が五つ、いくつもの花がひと塊となって、咲いていて大変美しかった。その他集落では白藤、八重桜、芝桜が満開であった。

DSC_okumikawaharusyoka0092
DSC_okumikawaharusyoka0092 posted by (C)dankichi0423
(桑原 桃源郷)

DSC_okumikawaharusyoka0094
DSC_okumikawaharusyoka0094 posted by (C)dankichi0423
(桑原 風にたなびく鯉幟)

  さらに上に上がると、桑原の集落がある。そこでは、八重桜、芝桜、チューリップが満開で「桃源郷」のようであった。


DSC_okumikawaharusyoka0095
DSC_okumikawaharusyoka0095 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 田植え)

DSC_okumikawaharusyoka0096
DSC_okumikawaharusyoka0096 posted by (C)dankichi0423
(下粟代 田植え)

  桑原と下粟代の境にある田圃でも田植えが行われていた。
  奥三河では、春から初夏へと向かうその時を見た。


スポンサーサイト

« 突っ走りすぎて小休止 | ホーム | 下粟代の花 切り草と準備 滝祓い 高嶺祭り 辻固め »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。