スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩手県花巻市 春日流鹿踊 東京上野を雄々しく躍る!
Wed.07.08.2013 Posted in 東京都
0 comments 0 trackbacks
  平成25年8月3日(土)朝、東京JR上野駅で東北地方へ向かう団体旅行客を「おもてなし」するという企画で、岩手県花巻市の春日流鹿踊が舞われた。

DSC_kasugaueno0026
DSC_kasugaueno0026 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

DSC_kasugaueno0033
DSC_kasugaueno0033 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

DSC_kasugaueno0032
DSC_kasugaueno0032 posted by (C)dankichi0423
(春日流鹿踊 一番庭)

  春日流鹿踊は、皆様も見たことがあるであろう、鹿が温泉に浸かって癒されている岩手県の観光ポスターでお馴染みの団体である。
  鹿踊は、主に旧仙台藩領(宮城県北から岩手県南)に分布する。岩手県花巻市では岩手県花巻市春日流鹿踊保存協議会として落合、上ノ山、湯本、八幡、鍋倉、八日市の6団体が活動している。昭和49年(1974年)には県の無形民俗文化財に指定されている。
  太鼓を自ら打ちながら踊る太鼓踊り系の鹿踊は、踊り手8人で構成され、鹿の群八頭には首領がいて、中立(なかだち)と呼ばれ中央に立つ。中立が先導する太鼓に合わせて踊が変化する。衣装にはササラ、お面、幕、ナギス、太鼓、袴の20キロを身につけ、太鼓を打ち鳴らし歌う、一人三役の勇壮な踊りである。
  演目には、一番庭踊り、二番庭踊り、案山子踊り、お鞍踊り、屋形踊り、綱踊り、露喰み踊り、鉄砲踊り、お馬屋踊りがあり、一つの演目時間が約40分である。
  今回は、五頭立てで、一番庭をおよそ10分間舞われた。
  舞は静と躍動感があり、大変素晴らしかった。お客様から沢山の拍手があり、次々と記念撮影をされて堪能されているようだった。



※今回の撮影、掲載に当たり、社団法人花巻観光協会の高橋修様に大変お世話になりました。この場を借りて、御礼申し上げます。
スポンサーサイト

« 王子神社例大祭 槍祭 王子田楽奉納 | ホーム | 突っ走りすぎて小休止 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。